電気亜鉛めっき鋼板

電気亜鉛めっき鋼板

電気亜鉛めっき鋼板の資料のダウンロードはこちらから

エクセルジンク JP(JFEスチール)

■ 特長

➀塗装性 優れた塗料密着性を有しています。塗装下地として最適です。
➁塗装後耐食性 優れた塗装後耐食性を有しています。
➂クロメートフリー 化成被膜にクロムを全く含みません。各種環境規制への適合が可能です。
●塗料との密着性(2次密着性)

塗料との密着性(2次密着性)
塗装:大日本塗料 ㈱社製デリコン #700
膜厚:25㎛
焼付け条件:130℃ 30分
塗装 → 沸騰水浸漬(2時間) → 基盤目カット → テープ剥離

●塗装後耐食性(SST 120時間後)

塗装後耐食性(SST 120時間後)
塗装:大日本塗料 ㈱社製デリコン #240NPS
+大日本塗料 ㈱社製デリコン #700
膜厚:30㎛
焼付け条件:130℃ 30分
クロスカット後SST 120時間実施

■ 皮膜構成

皮膜構成 クロメートフリーりん酸亜鉛処理皮膜 亜鉛めっき層 銅板

■ 用途

用途

塗装されて使用される汎用用途
➀薄板分野
キャッシュディスペンサー、事務機器など
➁電気・家電分野
配電盤、DVD、オーディオ・シャーシなど

■ JPの性能

エクセルジンク JP(JFEスチール)の性能

 

エクセルジンク JN(JFEスチール)

■ 特長

➀外 観 電気亜鉛めっき下地のため、外観が美麗です。
➁耐食性 耐食性に優れており、無塗装での使用が可能です。
➂導電性 導電性に優れています。(溶接性に優れています。)
電磁波シールド性(EMS特性)を重視するOA・AV用途に最適です。
➃耐指紋性 ハンドリング時に指紋が目立ちません。
➄加工性 プレス成形性に優れています。
➅塗装性 塗装下地としてもご使用頂けます。
➆アルカリ脱脂性 平板、加工後のアルカリ脱脂の適用も可能です。

■ 皮膜構成

皮膜構成 クロメートフリー皮膜 亜鉛めっき層 冷延銅板

■ JNの性能 種々の性能をバランス

JNの性能

■ 用途

➀導電性や電磁波シールド性を重視するエクセルジンク JN(JFEスチール)の用途
OA・AV機器、筐体用途
➁平板、加工後、無塗装使用用途
(電機・電子部品用途)

 

 

 

 

 

めっき鋼板について

ガルバリウム鋼板、SECC、SEHCの鋼板についてはこちら